コラム

【浜松市で矯正治療の相談ができる歯科】目立ちにくい矯正治療はありますか?

こんにちは。
浜松市の矯正歯科医院「いちの矯正歯科」です。

矯正治療というと「歯に取り付けられた金属製の装置」をイメージする方が多いのではないでしょうか?
金属製の装置を使った矯正治療では、口を開けるとどうしても装置が見えてしまいます。
「歯並びが気になるけれど、治療中の見た目の方が気になる」という理由で矯正治療をためらっている方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで今回は、当院で行っている「目立ちにくい矯正治療」についてお話しします。
※矯正歯科治療は、公的医療保険適用外の自費(自由)診療となります。

歯の色と同じで見えにくい「白い矯正装置」

矯正治療の中でも、歴史が深くさまざまな症例に対応できるのが、歯の表面に矯正装置を取り付ける「表側矯正」です。

一般的には、金属製の装置を装着しますが、当院では、セラミック製の白い装置を使用します。
白い歯に白の装置を使用するため、従来の金属製の装置にくらべて目立ちにくいのが特徴です。

金属を使用していないセラミックなら、金属アレルギーの方もお使いいただけます。
装置がお口の中の粘膜を傷つけたり、口内炎ができたりする恐れがありますので、痛みがある場合はガマンせずにご相談ください。

表面に取り付けないから目立ちにくい「舌側矯正」

装置を歯の裏側に装着することで、周囲から見えないように治療を行えるのが「舌側矯正」です。
舌側には、食べかすなどを洗い流してくれる唾液の量が多いため、むし歯になりにくいという点もメリットといえるでしょう。

ただし、舌が装置に当たって傷ついたり、しゃべりにくさを感じたりする方もいらっしゃいます。

透明なマウスピース型矯正装置を使うから目立ちにくい「マウスピース矯正」

マウスピース形矯正装置を付け替えて、少しずつ歯を動かす矯正方法です。
マウスピース型矯正装置は薄く透明な素材でつくられていて、装着していても気付かれることはほとんどないでしょう。

写真撮影など、どうしてもというときは、一時的に取り外ししていただくことも可能です。
食事や歯磨きを行う際は外して、治療前と同じように行っていただけます。

また、金属アレルギーのリスクがないこともメリットの一つです。
ただし、マウスピース矯正の場合は、装着時間を守らなければ予定通りに歯が動かない恐れがあります。
※完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

目立ちにくい矯正装置をご希望の方は「いちの矯正歯科」にご相談ください

乱れた歯並びをそのままにしていると、見た目への影響だけでなく、お口そして全身の健康にも悪い影響を及ぼす恐れがあります。
当院では、お一人お一人のご要望を丁寧におうかがいし、お気持ちに寄り添った治療をご提案しますので、どのようなことでもご相談ください。

浜松市の「いちの矯正歯科」の診療時間は、土曜・日曜・祝日は18時まで、平日は19時までです。(月曜は20時まで)
休診日は週2~3日(不定休)となっております。※2024年1月現在
イオンモール浜松市野に近く、駐車場は7台分完備していますので、お買い物の帰りなどにお気軽にお立ち寄りください。

当院の矯正治療について詳しくはこちら >

 
アクセス
MENU
TOPへ